Biography

オノ セイゲン Seigen Ono

 
(ミュージシャンとしてのプロフィール)

NEWS 2019年度 ADCグランプリ受賞。
  

Art Direction Japan 2019 Exhibition
http://www.dnp.co.jp/gallery/ggg_e/
@ Ginza Graphic Gallery (ggg) 
DNP Ginza Building 1st floor
7-2, Ginza 7-chome, Chuo-ku, Tokyo 104-0061
 
October 23, 2019 – November 16, 2019
11:00 a.m. – 7:00 p.m.
Closed on Sundays and national holidays
Admission free

 11月16日(土)まで、ギンザ・グラフィック・ギャラリーにて作品展示です。是非ともこの機会にお立ち寄りください。
11:00a.m.-7:00p.m. 日曜・祝日休館 入場無料
東京都中央区銀座7-7-2 DNP銀座ビル
http://www.dnp.co.jp/gallery/ggg/jp/00000741

 
2019年最新作は『CDG Fragmentation』(SACDハイブリッド&アナログレコード)。『COMME des GARÇONS SEIGEN ONO』30周年記念盤(リマスター盤)と同時リリース。

   


1984年にJVCよりデビュー。87年に日本人として始めてヴァージンUK(アーティストとして3枚)、ヴァージン・ミュージックパブリシング(作家として10年)と契約。同年、コム デ ギャルソン 川久保玲から「洋服が奇麗に見えるような音楽を」という依頼によりショーのためにオリジナル楽曲を作曲、制作。アート・リンゼイ、ビル・フリゼール、ジョン・ゾーン、マーク・リボウ、 フレッド・フリスら、80年代のNYダウンタウン・シーン最精鋭たちが結集した『COMME des GARÇONS SEIGEN ONO』は、ファッション、広告、建築、デザイナーの間で再び注目されている。『Olive Tree for Peace / Seigen Ono』『Maria and Maria / Seigen Ono』 『Memories of Primitive Man / Seigen Ono and Pearl Alexander』(2015年 Sony Music Japan Int’l)ほか多数のアルバムを発表。 ニューヨーク、サンパウロ、リオデジャネイロ、パリ、ミラノ、東京で録音された『Bar del Mattatoio(屠殺場酒場) / Seigen Ono』はカエタノ・ヴェロ-ゾが寄せたライナーノーツも話題となる。2019年度 ADCグランプリ受賞。
 
インタビュー記事はこちら。
エンジニアとしてのプロフィールはこちら。
アルバムはこちら。
ビデオはこちら。
Seigen Ono on Facebook
Le petit Ballet des Rolly

 

 
Seigen Ono is a composer, musician, recording and mastering engineer (DSD, surround with height). During his 40 years career, has worked as engineer for many project with renowned artists such as Ryuichi Sakamoto (Merry Christmas Mr.Lawrence/1983), Sadao Watanabe, Manhattan Transfer, Joe Jackson, The Lounge Lizards, Arto Lindsay, John Zorn, and David Sylvian.
 
2019 ADC (TOKYO Art directors club) grand-prix winner

As Recording/Mastering engineer 
Seigen Ono has starts as an assistant at ONKIO-HAUS (Tokyo) 1978, then freelance since 1980. Seigen Ono has worked with a wide range of musical talent including Ryuichi Sakamoto (Merry Christmas Mr.Lawrence/1983), Sadao Watanabe (Parker's Mood/1985, Elis/1988, etc.), Manhattan Transfer (Vocalies live1986), Joe Jackson (Live 1980/86/1988), The Lounge Lizards (Big Heart/1986, No Pain for Cakes/1987), Arto Lindsay, John Zorn (Spillan/1987), King Crimson (Live in Japan, Three of a Perfect Pair/1983), Golden Palominos (Visions of Excess/1985) and David Sylvian (Weatherbox 1989). Naked City (torture garden/1991), Jaco Pastorius (Holiday for Pans/1993), Oscar Peterson (The quintet live featuring Joe Pass/1986), Steps Ahead (live/1987), Kazumi Watanabe (mobo splash 1985, etc.)
1991, Audio Supervisor for HDVS, SONY CORP (the first demo for Sony HD-TV demo) Remixed “FESTIVAL DE JAZZ MONTREUX” including Miles Davis with Gil Evans orchestra conducted by Quincy Jones. Gal Costa, Le Mystrere des voix Bulgares, Kid Creole and the Coconuts, Deee Lite with Bootsy Collins, Elvis Costello and Rude five, The B.B. King Blues Band, Dianne, Reeves, Ray Charles, Chaka Khan, George Benson and Count Basie Orchestra, Herbie Hancock, Wayne Shorter, Stanly Clarke, Omar Hakim, David Sanborn, Henri Salvador, Touring as PA engineer with Golden Palominos, Toshinori Kondo, Sadao Watanabe, etc. As the audio supervisor, demonstrator for Pro-Audio such DSD technology and mixing with surround height. 
 
Also for Sony's HDVS in 1991 and an endorser of Sony SONOMA DSD Audio Workstation and the reverberator Sony DRE S777 Sampling Digital Reverb for the last 13years, Seigen is a strong advocate for high resolution audio (DSD). He has been involved in R&D for the high end pro technologies of digital audio equipments developed by Sony, KORG and Yamaha. So he knows the most advanced auditory technology. 


As a Composer
Latest release in Japan : "COMME des GARÇONS SEIGEN ONO" 30 years anniversary remastered SACD/CD and vinyl records. Also new album : "CDG Fragmentation".
 
He has released a number of Super Audio CD albums including “Olive Tree for Peace", “Maria and Maria”, “COMME des GARÇONS SEIGEN ONO” , CDG  Vol.1, CDG  Vol.2 and “Bar del Mattatoio”, “Dragonfish Live/Seigen Ono Quintet”, etc. He has performed at a number of European jazz festivals including the prestigious Montreux Jazz Festival (1993, 1994 and 2008). Mr. Ono has also worked for various theater and dance companies including Jean-Christophe Maillot (Les Ballets de Monte Carlo) and Philippe Decouffle (DCA), was the director and composer for “Le petit ballets des Rolly” (2008, Swiss).The project 2008 : Le petit ballets des Rolly, “Memories of Primitive Man / Seigen Ono and Pearl Alexander” (2015年 Sony Music Japan Int’l)

 

Discography

1984 to 2019

Archive
Video

インタビュー記事リンク

・MUSICMAN-NET ロングインタビュー 【後半】
・MUSICMAN-NET ロングインタビュー 【前半】
・コムデギャルソン × オノ セイゲン 革命はいかにして起こったのか インタヴュー・文=松山晋也
・コムデギャルソン青山店のインスタレーション(設備音響)
・坂本龍一のドキュメンタリー映画『Ryuichi Sakamoto: CODA 』
・「DSDの今とこれから」 ~KORG「Nu I」インプレッション~
・初期反射の捉え方@Rittor Base
・色づけのない正確な音 Eclipse TD-M1
・本当に良い音って、どんな音?|What does high-quality sound truly mean?
・空間の音をきちんととらえる  Eclipse TD
・TASCAM DA-3000 インタビュー
・ストリーミング時代のオルタナティブ!「DSDライブ・ストリーミング」
・ハイレゾ時代の“良い音”とは?
・〈在る〉ことの変容──“SEIGEN ONO Plus” ライヴの残響のなかから|福田 貴成
・コルグ「MR-2000S & DS-DAC」インタビュー
・OTOTOY「音質の行方 vol.1」オノセイゲン インタビュー
・レコーディングにおける「ハイレゾ」と「いい音」|牧村憲一氏
・世界初の1bit/5.6MHz DSDマルチトラック、54同時発音のストリーミング
・「レコーディングの今」と「ハイレゾ」 藤本健
・DSDライブストリーミング配信の公開実験
・「DSDライブ・ストリーミング」が開く可能性
・DSD 5.6MHzリマスター版「戦場のメリークリスマス」誕生秘話
・スピーカーが存在しない音 Eclipse TD
・GRACE designスペシャルインタビュー

 

TOP