COMME des GARÇONS SEIGEN ONO(二枚組)
Seigen Ono 

COGB-106~7 / COJA-9349〜50
 

CD / SACD
01. Something to Hold on to
02. Have You Seen It Yet? 2018b
03. All Men are Heels
04. After You…
05. Hunting for Lions
06. Round the Globe
07. Long Voyage
08. SUZUKI-SENSEI-SANSEI
09. Look for an Afternoon 
10. Pessoa Quase Certa
11. 540AM, View of Empire
12. Have You Seen It Yet?
*以下はSACDレイヤー収録のボーナス楽曲
13. Something to Hold on to (MONO)
14. After You… (MONO)
15. All Men are Heels (MONO)
16. Have You Seen It Yet? 2018A (MONO)
17. Round the Globe (MONO)
18. 540AM, View of Empire (MONO)
19. Hunting for Lions (MONO)
20. Pessoa Quase Certa (MONO)
 
CD/SACD2
01. Julia
02. Pastorinhas Bandeira Branca
03. Galope
04. Another Groove
05. On the Sunny Side of the Street
06. Roman Marching Band
07. TA.TA.TA.
08. Louis-san
09. Staying on the Beach All Day
10.  Finale
11.  Carnation
12.  If You Only Knew
13.  You will be All Right
*以下はSACDレイヤー収録のボーナス楽曲
14.  Julia (MONO)
15.  Finale (MONO)
16.  Roman Marching Band (MONO)
17.  TA.TA.TA. (MONO)
18.  メドレー Pastorinhas / Bandeira / Mascara Negra (MONO)
19.  You will be All Right (MONO)
20.  SUZUKI-SENSEI-SANSEI (MONO)
 
※SACDレイヤーのみボーナス楽曲を収録(SACDプレイヤーでしか再生できません。ご注意ください)
Bonus track:SACD1 13〜20 / SACD2 14〜20
 
LP Side-1
01. Something to Hold on to (MONO)
02. After You (MONO)
03. All Men are Heels (MONO)
04. Have You Seen It Yet? 2018A (MONO)


LP-Side-2
01. Round the Globe (MONO)
02. 540AM, View of Empire (MONO)

03. Hunting for Lions (MONO)
04. Pessoa Quase Certa (MONO)

LP-Side-3
01. Julia (MONO)
02. Finale (MONO)

03. Roman Marching Band (MONO)
04. TA. TA. TA. (MONO)
 
LP Side-4
01. メドレー Pastorinhas / Bandeira / Mascara Negra (MONO)
02. You will be All Right (MONO)
03. SUZUKI-SENSEI-SANSEI (MONO)
MUSICIAN:
Arto Lindsay, Bill Frisell, John Zorn, Michel Blair, Hank Roberts, Carol Emanuel, Ned Rothenberg, Peter Scherer, Jill Jaffe, Maxine Neuman, Mac Quayle, Sussan Deihim, John Lurie, Alain “Loy” Ehrlich, Abdou M’Boup, Brice Wassy, Matinas Suzuki Jr., Curtis Fowlkes, Fusanosuke Kondo, Hideo Yamaki, Tatsuo Kondoh, Tatsuji Kimura, Alfredo Pedernera, John Beal, Marlene, Armando Martinez, Nelson Martins, Helcio Brenha, Jayme, Mentirinha, Joaquim Henriques, Aldemir Bruzaca, Marlene, Helio Delmiro, Pedrinho Rodriguez, Marcia Regina, Bill Ware, E.J. Rodriguez, Marc Ribot, Jim Nolet, Brad Jones, Dougie Bowne, Bob Stewart, Fred Frith, Choi Jong-shil, Kim Duk-soo, Haruo Togashi, Tereza Tillett, Vali, Tatiana and Seigen Ono

Something to Hold on to

Recorded at D&D and media sound, mixed at QUAD, New York, August 1987
Associate producer: Arto Lindsay
Arto Lindsay : guitar voice, Sp12/ Bill Frisell : guitar / John Zorn : saxophone
Michel Blair : box marimba /Hank Roberts: cello / Carol Emanuel : keyboards
Ned Rothenberg: bass clarinet / Peter Scherer: key-bass / Jill Jaffe : viola
Mac Quayle : pgm / Seigen Ono: Sp12, keyboards, charango
 
Have You Seen It Yet? 2018b
Recorded at media sound, New York, August 1987
Mixed at DAMES, Paris, September 1987, Re-mixed at Saidera Mastering, November 2018
Arto Lindsay : guitar / Peter Scherer : piano
Hank Roberts : cello / Ned Rothenberg : bass clarinet
Jill Jaffe : viola / Carol Emanuel : harp / Seigen Ono : charango

All Men are Heels
Recorded at D&D and media sound, mixed at QUAD, New York, August 1987
Associate producer: Arto Lindsay
Sussan Deihim : voice, walking steps / John Zorn : saxophone / Hank Roberts : cello
Ned Rothenberg : bass clarinet / Michel Blair : box marimba, percussion
Jill Jaffe : viola, violin / Mac Quayle : pgm / Seigen Ono: Sp12, keyboard

After You…
Recorded and mixed at v.f.v.studio, Tokyo, December 1987
Seigen Ono : All instruments / Tatsuji Kimura.: pgm

Hunting for Lions
Recorded and mixed at DAMES, Paris, September 1987
John Lurie: saxophone / Alain “Loy” Ehrlich : bolong, gimbri, keyboard
Abdou M’Boup: talking drum, African percussion / Seigen Ono: charango
 
Round the Globe
Recorded at D&D and media sound, New York, August 1987
Saxophone recorded and remixed at Platinum Island, New York, January 1989
Peter Scherer : keyboards,SP12 / Bill Frisell : guitar / Arto Lindsay: guitar
Jill Jaffe: viola, violin / Mac Quayle: pgm / Roy Nathanson : saxophone
Seigen Ono:  SP12, keyboards

Long Voyage
Recorded at STUDIO FERBER, mixed at Studio Harryson, Paris, October 1989
Vali : Lead vocal / Tatiana : backing vocal
Alain “Loy” Ehrlich : piano, keyboards, percussion / Brice Wassy: drums
 
SUZUKI-SENSEI-SANSEI
Recorded at STUDIO FERBER, mixed at Studio Harryson, Paris, October 1989
Tatiana and Vali: vocals / Alain ”Loy” Ehrlich: marimba, bass, tambourine
Seigen Ono: guitars, piano / Matinas Suzuki Jr.: Folha de S.Paulo, Brazil

Look for an Afternoon 
Recorded at D&D and media sound, mixed at QUAD, New York, August 1987
Remixed at Platinum Island, New York, January 1989
Carol Emanuel : harp, voice / Jill Jaffe: viola, voice / Arto Lindsay: voice
Curtis Fowlkes: trombone / Ned Rothenberg: bass clarinet
Hank Roberts: cello / Mac Quayle: pgm / Seigen Ono: keyboards
 
Pessoa Quase Certa
Recorded at media sound, mixed at QUAD, New York, August 1987
Associate producer : Arto Lindsay
Arto Lindsay : vocal / Carol Emanuel : harp / Jill Jaffe : viola / Seigen Ono : charango

540AM, View of Empire
Recorded and mixed at CBS/SONY ROPPONGI, Tokyo, December 1987
John Zorn : saxophone / Fusanosuke Kondo: guitar / Hideo Yamaki : drums
Tatsuo Kondoh : piano, keyboards / Seigen Ono: guitar

 
Have You Seen It Yet?

Recorded at media sound, New York, August 1987
Mixed at DAMES, Paris, September 1987
Arto Lindsay : guitar / Peter Scherer : piano
Hank Roberts : cello / Ned Rothenberg : bass clarinet
Jill Jaffe : viola / Carol Emanuel : harp / Seigen Ono : charango
 
Julia
Recorded and mixed at media sound, New York, January 1988
Alfredo Pedernera: bandoneon / Maxine Neuman: cello
Jill Jaffe: viola, violin / Carol Emanuel: harp / John Beal: contra bass
 

Pastorinhas Bandeira Branca

Recorded at multi studios, Rio de Janeiro, February 1988
Strings recorded at 39th ST. Music, New York, March 1988
Remixed at Platinum Island, New York, January 1989
Marlene: vocal / Armando Martinez: piano / Nelson Martins: trombone
Helcio Brenha: saxophone / Jayme: trumpet / Mentirinha: percussion
Joaquim Henriques: drums / Aldemir Bruzaca: bass, backing vocal
Jill Jaffe: viola, violin / Maxine Neuman: cello
Seigen Ono: strings arrangement, percussion
 

Galope

Recorded at multi studios, Rio de Janeiro, February 1988
Remixed at Platinum Island, New York, January 1989
Marlene: vocal / Helio Delmiro: guitar / Armando Martinez: piano
Helcio Brenha : saxophone / Nelson Martins: trombone / Jayme: trumpet
Mentirinha: percussion / Joaquim Henriques: drums / Aldemir Bruzaca: bass, voice / Pedrinho Rodriguez and Marcia Regina
 

Another Groove

Recorded at Sound on Sound, New York, October 1988
Remixed at Platinum Island, New York, January 1989
Roy Nathanson: saxophone / Bill Ware: vibes / E.J. Rodriguez: percussion
Marc Robot: guitar / Jim Nolet: violin / Curtis Fowlkes: trombone
Brad Jones: contra bass / Seigen Ono: guitar
 

On the Sunny Side of the Street

Recorded at Sound on Sound, New York, October 1988
Remixed at Platinum Island, New York, January 1989
Roy Nathanson : vocal, saxophone / E.J. Rodriguez : drums
Marc Ribot : guitar / Brad Jones : contra bass
 

Roman Marching Band

Recorded and mixed at Sound on Sound, New York, October 1988
Roy Nathanson: saxophone / Dougie Bowne: marching drum / Bill Ware: vibes
Bob Stewart: tuba / Curtis Fowlkes: trombone / Marc Ribot: banjo, cornet
E.J. Rodriguez: percussion / Seigen Ono: piano
 

TA.TA.TA.

Recorded and mixed at Sound on Sound, New York, October 1988
Roy Nathanson: saxophone, clap / E.J Rodriguez: percussion, clap
Bill Ware: vibes / Curtis Fowlkes: trombone / Marc Ribot: guitar
Brad Jones: contra bass, clap / Seigen Ono: piano, percussion, clap
 

Louis-san

Recorded at Sound on Sound, New York, October 1988
Remixed at Platinum Island, New York, January 1989
Roy Nathanson: saxophone / E.J. Rodriguez: drums / Bill Ware: marimba
Bob Stewart: tuba / Marc Robot: guitar / Jim Nolet: violin
 

Staying on the Beach All Day

Recorded at Sound on Sound, New York, October 1988
Remixed at Platinum Island, New York, January 1989
Roy Nathnson: saxophone / Marc Ribot: guitar / E.J. Rodriguez: drums, percussion
Bill Ware: vibes / Jim Nolet: violin / Curtis Fowlkes: trombone / Brad Jones: contra bass
 

Finale

Recorded and mixed at CBS/SONY ROPPONGI, Tokyo, December 1987
Fred Frith: guitar / John Zorn: saxophone / Hideo Yamaki: lot of drums, balaphone / Choi Jong-shil: buk,  k’kwaenggwari / Kim Duk-soo: changgo
Haruo Togashi: piano, keyboards / Tatsuo Kondoh: accordion
 

Carnation

Recorded and mixed at media sound, New York, January 1988
Alfredo Pedernera: bandoneon / Jill Jaffe: viola, violin
Maxine Neuman: cello / Judy Geist: viola
 

If You Only Knew

Recorded and mixed at media sound, New York, January 1988
Alfredo Pedernera: bandoneon / Jill Jaffe: viola, violin / Maxine Neuman: cello

 
You will be All Right

Samba school recorded on a street in Rio de Janeiro, February 1988
Recorded and mixed at QUAD, New York, March 1988
Bill Frisell: guitar, voice / Arto Lindsay: guitar, voice / Jill Jaffe: viola, voice
Carol Emanuel, Tereza Tillett and Seigen Ono: voices

30年目の復刻」によせて  
 
(下記のライナーノーツは、音楽評論家、中川ヨウ氏より30年前リリースした際のライナーを添削し、掲載する許可をいただきました。)

コムデギャルソンから、目を離せないでいる。
この想いは、数十年来、持ちつづけてきたものだ。しかし、コムデギャルソン が気になって仕方がないという思いが、ここ数年、加速度をつけて強くなってきている。
その予兆は、象がひっぱってきた。
1988年春夏のブランド・イメージに、同社はファッション写真を使うことなしに、数頭の象がNYの街をつながってノッシノッシと歩いていく、アンドレ・ケストルの写真を採用した。この写真から受けたインパクトは、川久保 玲がつくった紺のジャケットや穴のあいたセーターに、初めて手を通した時と同じ種類の衝撃があった。
美しかった。1988年秋冬は、歯の矯正器具を見せて、大きく笑っている姉妹の写真が使われた。少女たちの父親である、ジム・ブリットの作品である。技巧からは生まれることのない、大きな笑顔がそこにあった。
 
これらの仕事は、アート・ディレクター、井上嗣也と川久保 玲が出逢ったことに端を発している。
そして雑誌「SiX」の創刊だ。今までに目にしたことのない面白い無駄が、ページのうえで踊っているような「SiX」にも、コムデギャルソン の新しい風を感じた。
新たな風は、もちろん川久保のデザインにも吹いていて、1988年秋冬には赤のマジックを見せ、1989年春夏のコレクションではパステル・カラーも登場した。
青山に新しく作られた店=空間も、そういった新たな空気を具現化して、非常にユニークだ。服の斬新さにおもねらない、見やすさがあった。店員さんの態度も、驚くほど感じがいい。オーソドックスで、同時にフレッシュな喜びがそこにはあった。
 
そして音楽だ。1988年春夏(実際には1987年秋)、オム・プリュス、同コムデギャルソン のパリでのショーから、音楽をオノ セイゲンが担当することになった。井上嗣也とオノ セイゲン、この二人が、新たなコムデギャルソン の動きをとらえる上で欠かせないキーワードになっていると、筆者には思えるのである。
 
さて、このディスクのことに話を進めよう。通常、ファッション・ショーでは、レコードから選曲したコンピレーション・テープが、その時のテーマに添って作られ、使われる。
しかし、オリジナリティを何より大事にするコムデギャルソン は1988年の春夏コレクションに向けて音楽家の選考を開始。オノ セイゲンに白羽の矢が立てられた。
「誰も、まだ聴いたことがない音楽を使いたい」
「洋服がきれいに見えるような音楽を」
川久保 玲から出された、この二つだけの注文を胸に、オノ セイゲンは制作にあたった。
 COMME des GARÇONS SEIGEN ONOCD1は1988春夏のコムデギャルソン とオム・プリュスで使われた音楽から、「同」CD2は、1989秋冬のコムデギャルソン のショーで使われた音楽をそのまま収録したものだ。
  2枚の作品にするにあたって、ダヴィングをやり直し、ミキシングや編集を加え、CDにふさわしい音に衣がえをしての登場である。(中略)
協力しているミュージシャン、録音された場所を考えるとき、ともにセイゲンにしか成しえなかったクリエイションであることがわかる。
 CD1は、オムの色あいが濃い作品になっている。いい意味で、カドが立っている尖鋭的な作品だ。「ラウンジ・リザーズ」のジョン・ルーリー、「アンビシャス・ラヴァーズ」のアート・リンゼイとピーター・シェア、それにジョン・ゾーンといったNYでも最も先端をいく感性たちが、ここで共演しているのだ。
ジョン・ルーリーの参加した15「ハンティング・フォー・ライオンズ」は9月のオム・ショーの後、パリで録音されたものだが、アフリカ音楽を手掛けているロイ・エリックやアブドゥも加わったトラックだ。111「540AM, ヴュー・オブ・エンパイア」、213「フィナーレ」 は、東京に来ていたジョン・ゾーンとフレッド・フリスに加えて、韓国を代表するユニットであるサムルノリのキム・ドクスとジョン・シル、それに日本の音楽シーンには欠かせないドラマー、山木秀夫が共演した、東京での録音だ。
このように国境も音楽のジャンルも越えた音楽が、ここにはある。音楽のユートピアとでも呼べる音世界が、展開されているのだ。(中略)
バンドネオン奏者、アルフレッド・ペデネーラの参加をえた2−  「ジュリア」は、ロマンチシズムがあふれかえるようだ。特にオープニング曲の旋律は、深く甘く心に残る。
そして、その録音後、渡辺貞夫のアルバム『エリス』録音のために、エンジニアとしてブラジルに渡ったセイゲンは、その機会を利用して、ブラジルの伝説的なシンガー、マーレーニとの録音を果たすといった離れ技をやってのけた。マーレーニは、美しいプロポーションと張りのある声からは到底想像できないが、80才に近い年齢のはず。往年のハリウッドでの活躍、若きフランク・シナトラと一緒に載っているスタア年刊から逆算すると、そうなるのだ。2− 2に収録されている「パストリニャス~バンデイラ・ブランカ~マスカラ・ネグラ」での素晴らしいメドレーには、心底聴き惚れてしまった。今のリオのカーニヴァルが失ってしまった、ゆったりしたテンポで歌い奏されるこの曲からは、1940年代のかぐわしいカーニヴァルの香りが立ちのぼってくる。まさに圧巻である。
− 5~9までに参加しているのは、「ジャズ・パッセンジャーズ」のリーダー、ロイ・ネイザーソンだ。ここでも、今までのオノ セイゲンの作風にはなかった明るい曲調の作品が、楽しそうに演奏されている。
 
オノ セイゲンの耳は、特別製だ。彼は計器が指している数字より、自分の耳を信じる、日本にはあまりいないタイプのレコーディング・エンジニアだ。そのセイゲンの感性と耳、加えて多彩な交友関係が見事に結実したのが、この2枚組のアルバムだ。
ここにある音楽は、音楽の内にあるさまざまな境界線に縛られることなく、自由な精神で編まれたものである。一つひとつの曲は違ったかたちをしていても、決して別なものではなく、ひとつの大きな環をなすものだ。
それは川久保のデザインにも通じるものであって、一枚のシャツのデザインだけが素晴らしいのでも、色使いだけがとびぬけているのでもない。全体が送ってくる風、すべてを包む空気こそが、コムデギャルソンの特質を形作っているのではないだろうか。
それと同じように、このアルバムは、ひとつの空気、吹きとおる風となって聴く者に伝わってくる。その風に吹かれていると、既成のアルバムにはない、新しい喜びに浸ることができるのだ。
この作品と、川久保 玲のためにあるようなロラン・バルトのことばを思い出した。
「『新規の』ものでありながら、まったく『新品だ』というわけでもない。それこそ、芸術やテクストや衣服の理想状態ではないか」
             
中川 ヨウ


 
オノ セイゲン インタビュー
オノ セイゲン | 日本コロムビアオフィシャルサイトコムデギャルソン × オノ セイゲン 革命はいかにして起こったのか
             

 
NO.   Title Artist Arthor 作詞/作曲 作品コード
1   Something to Hold on to Seigen Ono Seigen Ono & Arto Lindsay 0S5-7067-0
2   Have You Seen It Yet? Seigen Ono Seigen Ono 0H2-2187-1
3   All Men are Heels Seigen Ono Seigen Ono & Arto Lindsay 0A2-5761-7
4   Round the Globe Seigen Ono Seigen Ono & Peter Scherer 0R2-1119-5
5   Hunting for Lions Seigen Ono Seigen Ono, Loy Ehrlich &  John R Lurie 0H2-2209-6
6   Look for an Afternoon  Seigen Ono Seigen Ono, Jill B. Jaffe & Carol Emanuel 0L2-9109-0
7   Pessoa Quase Certa Seigen Ono Seigen Ono & Arto Lindsay 0P2-5260-9
8   After You… Seigen Ono Seigen Ono 0A2-5757-9
9   540AM, View of Empire Seigen Ono Seigen Ono & John Zorn 0F2-2316-8
10   Long Voyage Seigen Ono Seigen Ono 119-6549-5
11   SUZUKI-SENSEI-SANSEI Seigen Ono Seigen Ono 012-5608-4
12   Julia Seigen Ono Seigen Ono & Jill B. Jaffe 0J0-9995-7
13   Carnation Seigen Ono Seigen Ono & LURIE EVAN D 0C3-7016-0
14   If You Only Knew Seigen Ono Seigen Ono & LURIE EVAN D 0I3-2396-1
15   You will be All Right Seigen Ono Seigen Ono & LINDSAY ARTO 0Y1-0192-2
16   Pastorinhas / Bandeira / Mascara Negra Seigen Ono    
17   Galope Seigen Ono GONZAGA LUIZ JR & NASCIMENTO JR LUIZ GONZAGA DO  0G1-8762-9
18   Roman Marching Band Seigen Ono Seigen Ono & NATHANSON ROY JAY 0R2-1116-1
19   TA. TA. TA. Seigen Ono Seigen Ono 0T3-5568-3
20   Louis-san Seigen Ono  NATHANSON ROY JAY 0L2-9112-0
21   Staying on the Beach All Day Seigen Ono Seigen Ono & NATHANSON ROY JAY 0S5-7080-7
22   Another Groove Seigen Ono Seigen Ono & NATHANSON ROY JAY 0A2-5771-4
23   On the Sunny Side of the Street Seigen Ono FIELDS DOROTHY/Jimmy McHugh 0O0-1840-8
24   Finale Seigen Ono Seigen Ono & CHOI JONG SHIL & KIM DUK SOO & YAMAKI HIDEO & ZORN JOHN 0F2-2312-5