Established 1987 by Seigen Ono. “Vamos pedir a saideira” means “Let’s have a last beer to go”, the first sentence Ono learned. It never end the last beer, go on and on ordering another one. “saída” means “output / exit”. So this is the label, the music should released to the world audience from this gate. If you learn how to use this sentence in Brazil, you can make so many good friends. That’s how Ono start life time project. 

 
 Seigen Ono Ensemble Montreux 93/94
Seigen Ono Ensemble

TRACK LIST: 
01. Bar del Mattatoio 
02. Something to Hold On To 
03. I Do Love You a Little 
04. Malu 
05. Vida Boa
06. Nick & Kiriko 
07. Enishie 
08. It’s Denise 
09. I Am a Good Fish 
10. The Green Chinese Table
11. Julia 
MUSICIAN:
Tracks 1, 3, 5, 7, 8 and 10
recorded July 17, 1993 at Miles Davis Hall (New Q's) by Anders Muhr
Conductor, guitar: Seigen Ono/ Alto sax: Mane Silveira/ Soprano sax, flute: Paul Shapiro
Trombone: Yohichi Murata/ Accordion: Toninho Ferragucci /Percussion: Joao Parahyba
Drums: Bobby Previte/ Keyboards, bass: Peter Scherer/ Cello: Maxine Neuman
Violin: Alexander Balanescu/ Violin: Claire Connors/ Guitar: Amadeo Pace

Tracks 2, 4, 6, 9, 11 and 1 intro
recorded July 11, 1994 at Auditorium Stravinsky by Weis Reire with Voyageur II
Conductor, guitar: Seigen Ono/ Alto sax: Mane Silveira/ Soprano sax, tenor sax: Roy Nathanson
Fluegelhorn, piano: Jun Miyake/ Trombone: Yohichi Murata/ Cello: Maxine Neuman
Accordion: Toninho Ferragucci/ Percussion: Joao Parahyba/ Drums: Douglas Bown
Contra bass: Marc Marder/ Guitar: Hiroki Miyano/ Dancer, voice: Ondina de Castilho
Dancer, voice: Keiko Courdy/ Sound engineer: Takashi Shinozaki

All compositions written and arranged by Seigen Ono
except "Something to Hold On To" written by Seigen Ono and Arto Lindsay
"Julia" written by Seigen Ono and Jill Jaffe
Produced and mixed by Seigen Ono for Saidera Records
Mastered by Ted Jansen at Sterling Sound, New York, September 1994
Art direction and design by Tsuguya Inoue for Beans
Recorded live at the 27th and the 28th Montreux Jazz Festival
Live recording coordination by Vicky
Mixed at Hitokuchizaka Studios, Tokyo, August and September 1994
Assistant engineers;M otoki Okuda, Yoshinori Mizuide, Koji Tsujii , Yoichi Tsuyuri

この10年間モントル-・ジャズ・フェスティバルでは、最終日の「ネバ-・エンディング・ナイト」を続けている。93年7月17日、モントル-に初めて演奏に来たオノセイゲン。彼がマイルス・デイビス・ホ-ルのステ-ジを降りたのは朝6時、(その年の)トリをつとめた。セイゲン・オノ・アンサンブルは、驚くばかりの多国籍ミュ-ジシャンと新鮮なアレンジ、そして多彩なリズムとその独創的なサウンドで観客全員を驚かせることになった。彼のショ-が終了すると、窓のカ-テンが開けられ観客はレマン湖の朝日を見た。それはマジカルな瞬間だった。27回のフェスティバルで初めて、 私は(ショ-が終了後)その場でひとりのア-ティストを翌年のストラヴィンスキ-・ホ-ルの大きなステ-ジへと招待した。そしてすべては順調に運び、今年7月11日夜、セイゲン・オノと彼の多国籍バンドがステ-ジに登場した。それはラロ・シフリン(スパイ大作戦のテ-マ等で有名なアルゼンチンの作曲家)とミュンヘン交響楽団にグラディ・テイト、レイ・ブラウン、スライド・ハンプトン、パキ-ト・ド・リベラ、ジョン・ファディスの後だった。この年、彼はステ-ジ上にフルサイズのブラジリアン・カフェを作リ、演奏が始まるとそこでふたりの女性が「カイピリ-ニャ」というブラジルのナショナル・ドリンクを作りはじめた。それはまずミュ-ジシャンに、明らかに熱狂は高まり、そして観客の何人かにもサ-ビスされ、ステ-ジに招かれダンスに加わる者もあった。2杯のカイピリ-ニャと彼の1時間の音楽の後、気がつくと私はステ-ジ上でひとりのブラジリアン・レディといっしょにタンゴを踊っていた。 セイゲン・オノの音楽の魅力は言葉では表わせない。「聴く」ことによってのみ触れることができる。独創的感触、マジカルな雰囲気、デリケ-トなメロディ-、ミュ-ジシャンの質、それらすべて、オノセイゲンによりジェントルに指揮されるすべてのプロジェクトは、記憶に残る夜を作りだした。


クロウド・ノブス(モントル-・ジャズ・フェスティバル プロデュ-サ-&ディレクタ-)

NO.   Title Artist Arthor 作詞/作曲 JASRAC作品コード
1   Bar del Mattatoio Seigen Ono Ensemble Seigen Ono 0J2-5837-1
2   Something to Hold On To Seigen Ono Ensemble Seigen Ono & Arto Lindsay 0S5-7067-0
3   I Do Love You a Little Seigen Ono Ensemble Seigen Ono 0I3-3023-2 
4   Malu Seigen Ono Ensemble Seigen Ono 029-0902-2
5   Vida Boa Seigen Ono Ensemble Seigen Ono 029-0904-9
6   Nick & Kiriko Seigen Ono Ensemble Seigen Ono 029-0905-7
7   Enishie Seigen Ono Ensemble Seigen Ono 082-4540-1
8   It’s Denise Seigen Ono Ensemble Seigen Ono 082-4571-1
9   I Am a Good Fish Seigen Ono Ensemble Seigen Ono 029-0916-2
10   The Green Chinese Table Seigen Ono Ensemble Seigen Ono  0G1-8079-9 
11   Julia Seigen Ono Ensemble Seigen Ono & Jill B Jaffe 0J0-9995-7