FAQ - よくあるご質問

無料お見積もりやご相談に対応できますので、それぞれのフォームからお気軽にご連絡ください。

 

 

「無料お見積もり・お申し込みフォーム」に必要事項をご記入の上お申し込みください。
わからないことがあればなんでもお気軽にお問い合わせください。

 

最速でお申し込みの次の日に完成することもできますが、通常は5〜7営業日をみていただきます。

 お申し込み曲数によっては変動する場合がございます。

 
 

ご希望の際には以下のオプションサービスもございます。 

 

 オプション オプション料金(税込)
インスト ver. 基本料金の50%
ハイレゾ配信用データ ¥3,300 / 曲
DDPマスター作成 ¥11,000 (Total time=~30分)/ ¥22,000 (31~60分)/ ¥33,000 (61分~)

DDP MASTER メディア代 ¥2,200
試聴用CD-R メディア代 ¥1,650 x ご希望枚数

 

もちろん、弊社スタジオでエンジニアと相談しながらの立会いマスタリングが可能です。
その場合は時間計算になります。下記の料金表をご覧いただきお問い合わせフォームよりご相談ください。

 *シングル2曲の場合は2~3時間、アルバム10曲の場合は6~8時間を目安にお考えください。

 

 エンジニア 基本料金(税込)
根本智視 ¥18,150 / 時間
トミー・トミタ not available
クニユキ・タカハシ not available
オノ セイゲン ¥110.000 / 最初の2時間分計
  ¥38,500 / 時間(3時間目以降)


 

CDプレス工場への納品形態で現在主流となっているファイルフォーマットです。

 
サイデラ・マスタリングではクライアントがご利用されるプレス工場やプレス業者が対応している場合、CDプレス工場納品用マスターにDDPを高品質なDVD-Rメディアに焼いて納品しています。(ファイル転送での納品も可能です)
音源データの他にPOSコード、ISRC、等もメタデータとして同梱できます。

CDプレス工程の製造管理、またCD流通の際の流通管理も「製品番号」を元に行われます。

 

工場ではこの番号で製造管理されていきますので、ジャケットやCDのレーベルにも入れておくのが良いでしょう。
CDを流通させる場合にも、やはりこの番号を管理番号として使います。個人、インディーズの場合、製品番号はご自分で決めることができます。好きなものをご設定の上、お知らせください。一般的な付け方は「英字4文字 -  数字5文字以内」となります。
例)SDCD-00001

*製品番号は「規格品番」、「ディスクナンバー」、または「製造番号」とも呼ばれています。

POSコードとは、いわゆるバーコードの事です。13桁の数字からなります。商品管理や受注システム、棚卸し、在庫管理システムなどを目的とした、流通情報システムの基盤となります。

 

CD等をライブ会場その他特定の場所だけで販売する場合は必要ありませんが、CDショップ等に流通販売する際には必要になります。
詳しくはこちらをご覧ください。
http://www.dsri.jp/jan/

楽曲単位の楽曲管理番号で、12桁の英数字からなります。レコーディング(オーディオレコーディング及び音楽ビデオレコーディング)の識別に利用される唯一の国際標準コードです。

 

1つの楽曲音源は1つのISRCによって識別されます。デジタル配信、ストリーミング配信する場合に必要になります。
(配信代行業者がオプション・サービスとして代理取得する場合もあります。)
詳しくはこちらをご覧ください。
https://isrc.jmd.ne.jp/application/select.html

分からないことがあれば遠慮なさらずにお気軽にお問い合わせください。なるべく専門用語を使わずに不安が残らないように説明させていただきます。

 

無料お見積もりやご相談に対応できますので、それぞれのフォームからお気軽にご連絡ください。

「無料お見積もり・お申し込みフォーム」に必要事項をご記入の上お申し込みください。
わからないことがあればなんでもお気軽にお問い合わせください。

最速でお申し込みの次の日に完成することもできますが、通常は5〜7営業日をみていただきます。

 お申し込み曲数によっては変動する場合がございます。

ご希望の際には以下のオプションサービスもございます。 
 

 オプション オプション料金(税込)
インスト ver. 基本料金の50%
ハイレゾ配信用データ ¥3,300 / 曲
DDPマスター作成 ¥11,000 (Total time=~30分)/ ¥22,000 (31~60分)/ ¥33,000 (61分~)

DDP MASTER メディア代 ¥2,200
試聴用CD-R メディア代 ¥1,650 x ご希望枚数

 

もちろん、弊社スタジオでエンジニアと相談しながらの立会いマスタリングが可能です。
その場合は時間計算になります。下記の料金表をご覧いただきお問い合わせフォームよりご相談ください。

 *シングル2曲の場合は2~3時間、アルバム10曲の場合は6~8時間を目安にお考えください。

 

 エンジニア 基本料金(税込)
根本智視 ¥18,000 / 時間
トミー・トミタ not available
クニユキ・タカハシ not available
オノ セイゲン ¥110,000 / 最初の2時間分計
  ¥38,500 / 時間(3時間目以降)


 

CDプレス工場への納品形態で現在主流となっているファイルフォーマットです。
 
サイデラ・マスタリングではクライアントがご利用されるプレス工場やプレス業者が対応している場合、CDプレス工場納品用マスターにDDPを高品質なDVD-Rメディアに焼いて納品しています。(ファイル転送での納品も可能です)
音源データの他にPOSコード、ISRC、等もメタデータとして同梱できます。

CDプレス工程の製造管理、またCD流通の際の流通管理も「製品番号」を元に行われます。

 

工場ではこの番号で製造管理されていきますので、ジャケットやCDのレーベルにも入れておくのが良いでしょう。
CDを流通させる場合にも、やはりこの番号を管理番号として使います。個人、インディーズの場合、製品番号はご自分で決めることができます。好きなものをご設定の上、お知らせください。一般的な付け方は「英字4文字 -  数字5文字以内」となります。
例)SDCD-00001

*製品番号は「規格品番」、「ディスクナンバー」、または「製造番号」とも呼ばれています。

POSコードとは、いわゆるバーコードの事です。13桁の数字からなります。商品管理や受注システム、棚卸し、在庫管理システムなどを目的とした、流通情報システムの基盤となります。

 

CD等をライブ会場その他特定の場所だけで販売する場合は必要ありませんが、CDショップ等に流通販売する際には必要になります。
より詳しくはこちらをご覧ください。
http://www.dsri.jp/jan/

楽曲単位の楽曲管理番号で、12桁の英数字からなります。レコーディング(オーディオレコーディング及び音楽ビデオレコーディング)の識別に利用される唯一の国際標準コードです。

 

1つの楽曲音源は1つのISRCによって識別されます。デジタル配信、ストリーミング配信する場合に必要になります。
(配信代行業者がオプション・サービスとして代理取得する場合もあります。)
詳しくはこちらをご覧ください。
https://isrc.jmd.ne.jp/application/select.html

分からないことがあれば遠慮なさらずにお気軽にお問い合わせください。なるべく専門用語を使わずに不安が残らないように説明させていただきます。

 
 
ご不明な点はお気軽に「お問い合わせ・ご相談」フォームからお問い合わせください。
専属スタッフがさらに詳しくご説明させていただきます。
  
 
 
 
 
 
  
サイデラ・マスタリングを通った音は
すべて良くなる!