Established 1987 by Seigen Ono. “Vamos pedir a saideira” means “Let’s have a last beer to go”, the first sentence Ono learned. It never end the last beer, go on and on ordering another one. “saída” means “output / exit”. So this is the label, the music should released to the world audience from this gate. If you learn how to use this sentence in Brazil, you can make so many good friends. That’s how Ono start life time project. 

 
Live in Tokyo 2015
Marek Szpakiewicz

TRACK LIST:

01. Dvořák (arr. by Szpakiewicz): Slavonic Dance in E minor, Op.72-2
02. Chopin: Cello Sonata in G minor, Op.65 - 1. Allegro moderato
03. Chopin: Cello Sonata in G minor, Op.65 - 2. Scherzo – Allegro
04. Chopin: Cello Sonata in G minor, Op.65 - 3. Largo
05.Chopin: Cello Sonata in G minor, Op.65 - 4. Finale. Allegro
06. Shostakovich: Cello Sonata in D minor, Op.40 - 1. Allegro non
07.Shostakovich: Cello Sonata in D minor, Op.40 - 2. Allegro
08. Shostakovich: Cello Sonata in D minor, Op.40 - 3. Largo
09.Piazzolla: Le Grand Tango
10.ENC1: Fritz Kreisler : Liebesleid

ポーランド生まれロサンジェルス在住のチェロ奏者、マレック・シュバキエヴィッチがピアニストのジアイ・シーを共演者に迎え、2015年に王子ホールで行ったチェロ・リサイタルのDSDライヴレコーディング作品。チェリストとして世界的に「天賦の才能ある演奏家」「壮大なビジョンと計り知れない説得力を持つ」「際限のない技術性」と評価される一方でオーケストラ編曲の分野でも活躍し、ヤン・A・P カチュマレク氏と共同で手がけた映画音楽『ネバーランド』は 2005年第77回アカデミー作曲賞を受賞。また2012年の創設時から福島県相馬市のエル・システマジャパンをコンサートや文化交流を通じて支援している。 DSDライヴレコーディング by Seigen Ono

BACK

NEXT