Live at Praça Onze 2017 ~Tribute to Ivan Lins~
Kaoru Yuki with ORIBASTONE 


TRACK LIST:

01. Desesperar Jamais
02. Setembro
03. Começar De Novo
04.  Madalena
05. A Gente Merece Ser Feliz
06. Anjo De Mim
07. Somos Todos Iguais Nesta Noite
08. Saindo De Mim
09. Dinorah Dinorah
10. Central River
11. Passadouro

ハイレゾ(DSD 5.6MHz/1bit & PCM 96kHz/24bit) 、CD共に04/11発売!
 
~珠玉のイヴァン・ミュージックで綴るライヴ~
ジャズボーカリストとしてそのキャリアをスタートし、独自のベルベット・ボイスでスタンダード曲を歌ってきた祐生カオル。今回はアクティブな引き語りスタイルで、敬愛するブラジルのイヴァン・リンスの楽曲に取り組む。スーパーグループ、ORIBASTONEとのコラボレーションでイヴァンの名曲の数々に新たな命を吹き込むライブ・レコーディング音源、いよいよ発売!CDはラッツパックレコードより発売。


祐生カオル/Kaoru Yuki(Vocal, Keyboards)
1972年福井県生まれ。 高校在学中に渡米、ボストンにてジャズ理論をJeffery Leonard氏に師事。 帰国後、大学入学時よりジャズピアノを始める。26歳で上京、ピアノをユキアリマサ氏に、ボーカルを丸山繁雄氏に師事する。 2003年10月には米国ニュージャージー州にて録音制作したファーストアルバム「ビター・スイート」、2014年にはセカンドアルバム「Something Jobim」をリリースする。 現在はMPBなどのブラジル音楽に音楽活動の軸足を移し、石川智(perc)小畑和彦(gt)織原良次(bs)らとのユニット”ORIBASTONE”とのコラボレーションにて、敬愛するイヴァン・リンスの楽曲や自身のオリジナルナンバーを軸に活動を展開している。
 
ORIBASTONE
小畑和彦/Kazuhiko Obata(Guitar)
織原良次/Ryoji Orihara(Fretless Bass)
石川智/Satoshi Ishikawa(Percussion)
 
Recorded at Praça Onze on SEP. 28. 2017
 
Live recorded, mixed, and mastered by Seigen Ono
Mixed and mastered at Saidera Mastering, Tokyo
 
SDSD-1050 (C)(P) 2018 Kaoru Yuki, SDM&LiveRec